犬の病気は犬種によっても様々です。病気の予防は飼い主の正しい知識と責任感にあることを肝に銘じてペットに接してあげて下さい。 食生活だって、運動不足だって飼い主がきちんと管理しなければ、可愛いペットが生活習慣病になってしまうことも珍しくはないのですから。


ワンコの為の実用東洋医学【冊子配達版】 ~ 指圧マッサージで手作りアンチエイジング ~

犬の病気を予防することはペットと飼い主、両方の幸せ

犬にも、人と同じようにたくさんの病気があります。また犬種によっても性格や身体的特徴が大きく異なりますのでそれぞれに発症しやすい病気やかかりにくい疾病があります。たとえば人気の犬種であるダックスフントやコーギーなどは胴が長い分脊椎に負担がかかりやすく、椎間板ヘルニアになりやすいという特徴があります。
胴の長い犬種が、特に高いところから飛び降りたり、ジャンプしたりするとなりやすいため(楽しく遊んでいたとしても)そういう危険性のある動きをしないようにしつける必要もあるでしょう。また、だっこの仕方でも負荷のかかる持ち上げ方がありますのでちゃんと腰を支えるようにしなければこれも椎間板ヘルニアの原因となります。

急にキャインと悲鳴のような鳴き声を上げた後、動かなくなるなど、症状の発生は突然現れることも多く、日常の注意が重要です。たとえ痛そうにしていなくても足を引きずるように歩いていたら、椎間板ヘルニアの疑いがあります。
胴が長い犬は短い足で体全体を支えているわけですが、どうしても腰に負担がかかります。体重が増えすぎるとその負担はさらにおおきくなりますので、(本来はどの犬種でもそうなのですが)えさやおやつを与えすぎないことが大切です。悲しそうな顔でこちらを見つめられたとしても、むやみに食べさせないことこそが思いありであることを肝に銘じましょう。
椎間板ヘルニアは痛いだけが症状ではありません。背骨を構成する椎骨と椎骨の間でクッションの役割を果たす軟骨(椎間板)が変形してはみ出し、脊髄神経を圧迫することで後ろ足に麻痺が出て来ます。軽いうちは歩くのを嫌がったり、散歩が長続きせず途中で座り込んでしまったりという程度ですが、症状が進行すると更に重度の麻痺が発生して大小便を垂れ流してしまうような状態にもなり得ます。
ワンちゃん自身が予防の知識を理解することは出来ないのですから、飼い主であるあなたが責任を持ってしつけをし、予防してあげなければなりません。
胴の長い犬種は特に無理な格好をさせたり、激しい運動をさせたりしないこと。ソファやベッドなどの高い位置から飛び降りたり飛び乗ったりさせないことなどが予防の要です。
また、体重の管理も飼い主の責任であることを十分ご理解下さい。


ドッグマッサージセラピーDVD

▲このページのトップへ


ドッグマッサージセラピーDVD

携帯版のQRコード

犬の病気ガイド:症状と治療法:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://g-sel.jp/inunobyouki/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。

  • seo