難病・緑内障について

パグやシーズーを愛犬にしている人に。
この犬種は目が大きく飛び出しています。高眼圧を罹患することが多い上に、早期発見が難しいです。
定期的に眼圧検査を受けるようにしてください。


ワンコの為の実用東洋医学【冊子配達版】 ~ 指圧マッサージで手作りアンチエイジング ~

眼球の圧力が異常な高さになって、視神経を圧迫して起こす病気が緑内障です。
目が充血して、その不快感がさせるのか、しきりに目を擦ります。やがて網膜や視神経に萎縮が発生して、視力低下を招きます。
不快感は治まらず痛みが起きて、目を細めたり光に対して過敏となります。
気になって目のあたりに手を触れてやると、痛いのかそれを嫌がって目を閉じたままになり、涙を流し続けます。
そのままで末期を迎えると、眼球が飛び出てしまうという事態に至ってしまいます。

緑内障に至る高眼圧は、、、

疲れ目・目眩などの支障を招いているのですが、犬には自覚症状がないため早期発見に至りません。
緑内障に至り、視野狭窄を起こしていても、普段通りに見える範囲内で駆け回りますから、飼い主にはわかりません。
それで失明状態になってから病院へ、となってしまうのです。
失明や視野狭窄の事態に至れば、治療を受けても漸く現状維持が良いところです。視力が戻ることはありません。
定期的な眼圧検査を受けることで、早期発見が可能となります。

初期の緑内障であれば、瞳孔を収縮させる点眼薬を用いて進行を遅らせることが出来ます。
並行して眼圧を下げる薬を与えたり、内科的療法を用います。

完治が困難な重い緑内障には、三つの原因があります。

○先天性 生まれつき眼房水の流れる道に異常がある場合
○続発性 ブドウ膜炎・水晶体の脱臼・外傷・腫瘍などの併発症の場合
○原発性 原因の究明が出来ていない場合

この記事のタグ

サイト内関連記事

白内障の治療
人の目の病気で、主として老人性の・俗称を「白そこひ」と呼ばれている白内障がありま......
角膜炎を起こしやすい犬種
この病気は、目に入った異物が取り除けないままで、日がたってしまった。犬同士の喧嘩......
進行性網膜萎縮症で愛犬が全盲状態に!
症例は僅かですが、網膜が変成によって萎縮を起こし、愛犬が視力低下を経て盲目状態に......

▲このページのトップへ


ドッグマッサージセラピーDVD

HOME

携帯版のQRコード

犬の病気ガイド:症状と治療法:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://g-sel.jp/inunobyouki/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。

  • seo